学びながら働くということ

私は現在学生であることから学生という目線でタイトルにもある通り学業とアルバイトのワークバランスについて思うことを書かせていただこうと思います。現社会では数多くのアルバイト求人を目にすることができ、短期募集や長期募集といった様々な条件の求人へ応募することもスムーズにできるようになりました。

私もそうですが、私のまわりでもその応募への手軽さやスムーズさのおかげなのか学生のなかでも大半の方々が学業とともにアルバイトをしています。しかし、学業とアルバイトの両立ができている人もいる中、できていないという方々も多く見受けられます。実際私のまわりでも、アルバイトへ力を注ぎすぎ、大学の単位を落としてしまったという方や、多く単位を落としてしまい留年となってしまったという方もいます。

そういう人たちの話を聞いていますと、なんのために高額なお金を払い大学に来ているのかと疑問に思うことがあります。大学に通っている方の多くは入学時には目標があったはずだと思います。学業を怠り、多くのお金を稼ぐためにアルバイトに力を入れていますが、多くのお金を稼ぐためにアルバイトに力を入れ学業に力が入らないのであれば、大学生にもなるとすでに高校を卒業して就職しているかたも多くいます。

つまり就職という道があるはずです。そうすれば学業のことは気にせず、お金を稼ぐことができます。前提として私たちが大学に受かったということは、落ちてしまったという方もいます。

まとめとして、私が思う学業とアルバイトのワークバランスは大学に落ちてしまった方々に恥ずかしくないように学業に力を入れ、その中で学業に支障がないバランスでアルバイトに専念することが大事だということです。

コメントは受け付けていません。