待遇の改善

なぜ世間一般ではアルバイトの立場は低いのだろうか。特に飲食、サービス業において客から見下されることも多い。そのくせミスすると仕事だろ!と手のひらを返して責任の追及を求める。そしてアルバイトだと生涯年収が低いからみんな正社員になりましょうと多くの学校では教育を受ける。私はいつも疑問に思う。

アルバイトの何がいけないのだろうか。私は本当にやりたい仕事なのであればアルバイトでも構わないと思っている。どうせアルバイト。されどアルバイト。少々極端ですがたった一度きりの人生なのに周りの意見に流されて妥協して安定した収入を得たところで心の中には一生わだかまりや後悔が残るだけです。

どうせなら自分が心の底からやっててよかった、楽しいと思える仕事で輝く方がよっぽど充実していると思います。アルバイトだって稼ごうと思えば稼げます。にもかかわらず正社員と比較して下に見るのは形式にとらわれる日本人特有の悪い癖なんですかね。まだバイトなんだ。いつ就職するの?同じように働いてお金を稼いでいるのになぜこんなにも差別されるのでしょうか。みんな大変なのも頑張ってるのも一緒です。

そこに優劣なんて付けることに何の意味があるのでしょうか。結局人の生き方に文句をつける人は自分の生き方にも納得していないんだと思います。自分と人を切り離して考えることができないから自分に言い聞かせるかの如く、つい他人にも口出ししてしまうのではないでしょうか。何にせよもっとアルバイトの待遇の改善ともっと世間の人たちの考えが変わればなと思います。

コメントは受け付けていません。